BHE(ブレージングプレート式熱交換器)

BHE(ブレージングプレート式熱交換器)
ろう付構造で耐圧性に優れ、更に高性能、コンパクトで省エネ、省スペースに貢献します。BXC型(銅ろう付)、BXP型(ニッケルろう付)の2種類をラインアップ
動画でもっと詳しく! 

プレート式熱交換器 本体

BXC型

BXC型 耐食性の強いSUS316ステンレス鋼を銅(Cu)ろう付したもので冷凍用途でのフロンや水、不凍液、給湯用途での温水などの流体に最適です。

BXP型

BXP型 ニッケル(Ni)ろう付は銅(Cu)ろう付では耐食性に不安がある用途に適しています。例えば、不純物の溶出を嫌う純水や食品プロセスなどの熱交換、吸収式冷凍機の臭化リチウム溶液、アンモニア冷凍機などに使われています。

特長

(1) プレート構成枚数を標準化しております。
(2) どの型式を使用すれば良いか分からない場合、冷凍機用途はこちらから、一般用途はこちらから選定ができます。
(3) 多管式熱交換器(シェルアンドチューブ式熱交換器)に比べて、小型軽量化を実現しました。
(4) ガスケットを使用しないため、シール性、耐圧性、耐熱性、低温性にも優れております。